パッケージ版の紹介ページはこちらです
パッケージ版との相違点について
Windows7/Vistaでのインストールについて

タイトル 恥肛母 〜穢された双臀〜 BestPrice版
ジャンル アドベンチャー
原画 天野 雨乃
シナリオ 有巻 洋太
対応 日本語Windows98SE/2000/Me/Xp/Vista/7対応
(※本ソフトは32bitプログラムですが64bitOS上でも動作します)
Pentium233MHz以上(Pentium2 300MHz以上推奨)
MEM 64MB以上(128MB以上推奨)
HDD 1.2GB以上推奨
BGM PCM (DirectSoundに対応したサウンド機能が必要)
女性のみフルボイス
備考 マップモード
CGモード
音楽モード
回想モード
名前変更不可

【 あらすじ 】
時は現代、舞台は現代日本。
主人公「橘 圭一」は進学校に通う少年。物語は圭一の父親が事故死してから一ヵ月後から始まる。
資産家だった父親の死後、圭一と義母の「橘 みゆき」に財産目当ての親類が群がった。
気の弱いみゆきはオロオロするばかりだったが、圭一は余計な揉め事を回避するため、自分達がとりあえず不自由なく暮らしていけるだけの財産を残して残りは放棄するようみゆきにアドバイスする。

与えられた財産を手にして親類達が去っていくと、圭一には財産の一部と義母のみゆきだけが残された。
しかし圭一にはそれで充分だった。主人公は父親の死後、かねてから狙っていたみゆきを襲い、半ば無理矢理変態的な肉体関係を結ぶ。
わずらわしいものが一切消え、誰に気兼ねすることなく若く美しい義母の身体を愉しんでいた圭一。だがある日家を尋ねてくる客があった。
客の名は「奥寺 響子」といい、主人公の母だという。やむを得ない事情で息子を手放した響子は、みゆきに向かって圭一を引き取りたいと申し出る。
自分を引き取りたいと現れた響子に驚きと戸惑いを感じつつも、母親というにはあまりにも魅力的な響子の肉体に魅せられ、圭一はみゆきだけなく響子をもその毒牙にかけようと新たな罠を画策し始めるのだった……。


奥寺 響子(おくでら きょうこ)

主人公の母親で、年齢は30半ばほど。
過去にやむを得ない理由から主人公を手放したが、繁久の死後、主人公を引き取ろうと橘家を訪れる。

情が深く、おっとりと穏やかな性格。子供好きで母性本能が人一倍強く、保母の仕事をしている。
結果的に主人公を捨ててしまったことに対して深い罪悪感を持っており、自分だけ幸せになることが出来ずに他の男と家庭を持つことなく過ごしてきたため、未だに独身。




橘 みゆき(たちばな みゆき)

主人公の義理の母親で、年齢20代半ば。
育ちのいい「お嬢様」タイプの母親で、夫の死後、主人公に弱みを握られ無理矢理押し切られる形で背徳的な関係を持ってしまう。

優しく素直ながらも、大人しく気弱な性格。育ちの良さゆえか、それとも生来の気の弱さからか決断力や行動力のある相手に依存する傾向があり、義理の息子と関係してしまったことに思い悩みつつも心のどこかで自分を支配しようとする主人公に依存している部分がある。


-- Click to Close --