−あらすじ−
屋敷全景
インバネスコートに身を包んだ男、我堂喪真がどうそうしん
彼は詐欺師にして有能な悪魔使いだった。
魔術の探求が生き甲斐の喪真は、ある日、とある風の噂を聞きつけボリス・ドレーゼのコレクションに興味を抱いた。
オカルトアイテムの収集家として名を知られていた彼がソロモンの鍵の原典に関する文献を手に入れたらしいのだ。
噂の真偽を確かめるため、喪真は使い魔を召喚し、ボリスが住む洋館へと赴いた。